Music

Cool Movies vol. 62 2014. 02. 01

0

こんにちは。
もうすぐ節分。
節分用のマメが好きで、去年のこの時期に買いだめしてしまい、
結果去年の節分のマメがまだ残っているという残念な結果。。。
心に栄養を。

天使にラブソングを

(原題:Sister Act)

1992年(アメリカ)
Cast: Whoopi Goldberg / Maggie Smith
Director: Emile Ardolino

天使にラブソングを2

(原題:Sister Act 2: Back in the Habit)

1993年(アメリカ)
Cast: Whoopi Goldberg / Lauryn Hill
Director: Bill Duke

説明不要の名作ですね。
僕たちヒップホップ好きの中ではやはり
ローリンちゃんが出演している2作目の方が印象的です。
わたし的には、2作目の最後のクレジットロールの
Ain’t No Mountain High Enoughが楽しくて好きです。
本編だけでなくこんな所まで楽しませてくれます。

Cool Movies vol.57 2013. 09. 01

0

こんにちは。
とうとう9月になってしまいました。
あっというまに夏が過ぎましたね。
まだまだ残暑は続くと思いますが、
少しずつ秋の空気の匂いがする今日この頃です。
心に栄養を。

クラッシュ・グルーヴ

(原題:Krush Groove)

1985年(アメリカ)
Cast: Sheila E. / Run DMC / Fat Boys / Kurtis Blow
Director: Michael Schultz

そうそうたるオールドスクールのアーティスト、
つまりヒップホップミュージック(ラップ)の創始者達が
そのままの名前で出演してる重要な映画です。
LL Cool Jなんかも若くて細くて、ちょっと笑っちゃいます。

日本版字幕付きDVDは見つけられませんでした。
輸入版のDVDはコチラで購入できます。

Cool Movies vol.47 2012. 11. 01

0

こんにちは。
11月になりました。
年末まできっともう一気に過ぎてゆくんでしょうね。
こたつで温まってゆったりと映画鑑賞といきたいものです。

心に栄養を。

ブロック・パーティー

(原題:Block Party)

2005年(アメリカ)
Cast: Dave Chappelle / Mos Def / Lauryn Hill
Director: Michel Gondry

公開当時はとても話題になった映画です。
とはいえ、日本では音楽好きの間に限ったことで、
上映している劇場が極端に少なかったのを覚えています。
アメリカでは超有名なコメディアン、デイブ・シャペールが
たくさんのミュージシャンと一緒に大規模なパーティーを開催する様子です。
超豪華なメンツがたくさん出てきますので
そういって意味で音楽好きは必見の作品です。

Cool Movies vol.39 2012. 03. 01

0

こんにちは。
いよいよ3月です。
春ももうすぐそこまできています。
別れや出会い等、環境が変化することが多いこの季節は
様々な感情があふれる時期でもあります。
部屋でゆっくりと映画を楽しむ時間を作ってみると
心が充実して気持ちが落ち着いたりしますよ。

心に栄養を。

ビー・クール

(原題:Be Cool)

2005年(アメリカ)
Cast: John Travolta / Uma Thurman / Cedric the Entertainer / Christina Milian
Director: F. Gary Gray

楽しい映画のご紹介です。豪華キャストです。
「Get Shorty」という映画の続編ですが、
私はそっちはまだ観てません。
まずトラボルタは渋カッコいいし、
ユマ・サーマンとのダンスのシーンは超セクシー。
アンドレ3000とセドリックはちょいちょい笑わせてくれるし
何より、ミリアンちゃんがカワイイ。
エアロスミス ft. リンダ・ムーン(クリスティーナ・ミリアン)
のステージがまた見応え十分です。

Cool Movies vol.36 2011. 12. 01

0

とうとう師走です。
このコーナーも今月でまる3年です。
今後もマイペースに続けてゆこうと思ってますので
どうか宜しくお願いいたします。

これからもずっと心にも栄養を。

キャデラック・レコード

(原題:Cadillac Records)

2008年(アメリカ)
Cast: Adrien Brody / Jeffrey Wright / Beyoncé Knowles
Director: Darnell Martin

ビヨンセ嬢はさすがにさすがですが
この映画にはそれよりももっと深い良さを感じました。
はじめは、「ま、ビヨンセ出てるし〜」
くらいのつもりで観ようと思ったのですが
たとえビヨンセが出ていなかったとしても
すごくいい映画だと思います。
ま、自分が音楽好きだからなのかな。

Cool Movies vol.32 2011. 08. 01

0

こんにちは。
とうとう夏がやってきました。
夏好きの自分はとてもテンションが上がっております。
ただ、年々体力の衰えを感じざるを得ないことだけが
少しだけテンションを下げてくれます。

心に栄養を。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

(原題:Buena Vista Social Club)

1999年(ドイツ・フランス・アメリカ・キューバ)
Cast: Compay Segundo / Ibrahim Ferrer / Rubén González
Director: Wim Wenders

夏はやはりラテンで盛り上がるってのが王道ですよね。
気持よく、そして楽しく。
じっとしていられなくなりますよね。

Cool Movies vol.30 2011. 06. 01

0

こんにちは。
更新が大幅に遅れました。すみません。
引越をしてネット環境が整いませんでした。
新たな土地での新生活でも映画鑑賞は忘れませんよ。

心に栄養を。

イッツ・フライデー

(原題:Thank God It’s Friday)

1978年(アメリカ)
Cast: Donna Summer / Valerie Landsburg / Terri Nunn
Director: Robert Klane

とある巨大ディスコの金曜の一夜を
エキサイティングに描いた壮快な作品。
初めて見た時から大好きです。
コレを観たあとは夜遊びに出かけたくなります。
ドナサマーやコモドアーズが実際に出演してます。

Cool Movies vol.27 2011. 03. 01

0

こんにちは。
3月に突入しましたがなかなか春の足音が聞こえません。
花粉症やインフルエンザ等、体調に気を遣う季節ですが
いかがお過ごしですか?
家で温かくして映画でも鑑賞してはいかがですか?

心に栄養を。

ウェスト・サイド物語

(原題:West side story)

1961年(アメリカ)
Cast: Natalie Wood / George Chakiris / Richard Beymer
Director: Jerome Robbins / Robert Wise

ミュージカル映画の代表作。
ダンスに歌に見所満載です。
きっと、マイケルジャクソンのBadは
この映画からインスピレーションを
受けているんだろうな。

Cool Movies vol.24 2010. 12. 01

0

12月に突入です。
今年ももう終わるんですね。
皆さんは今年何本の映画を観ましたか?
たくさん観た方も、あまり観なかった方も
このお正月に1本いかがですか。

心に栄養を。

ワイルド・スタイル

(原題:Wild Style)

1983年(アメリカ)
Cast: Grandmaster Flash / Fab 5 Freddy / Busy Bee / Cold Crush Brothers
    / Double Trouble / Fantastic Freaks / Rock Steady Crew
Director: Charlie Ahearn

自分の誕生月ですので思い切って定番です。
ヒップホップのバイブル的作品と多く言われるこの1作。
先日は偶然知人の紹介でこの映画の出演者と飲んだり、
はたまた、別の日にはRedBull BC Oneも開催されたりと
なにかとオールドスクールを感じる機会が多かったので
久々に思い出しました。
これなしではヒップホップは語れません。

Cool Movies vol.23 2010. 11. 01

0

さてさて11月です。
すっかり冬を感じる季節になってしまいました。
寒いのは嫌いな自分ですが、
コタツでぬくぬくするのは好きです。
そんなカンジで映画をみてる時間は
なんとも贅沢な気分に浸ってしまいます。

心に栄養を。

ノートリアス・B.I.G.(特別編)

(原題:Notorious)

2009年(アメリカ)
Cast: Jamal Woolard / Anthony Mackie
Director: George Tillman Jr.

ヒップホップ好きの自分には待ちに待った日本版DVD化。
ようやく購入して早速観たけど、想像以上に
ストーリー自体がオモシロくて単純に映画として楽しめました。
ま、当時流行ってた数々の名曲ができたいきさつなんかも
かいま見れたので、曲を知ってたから楽しめた分もあるでしょうけど。
とにかくヒップホップ、ブラック好きには
マストな1本と言えるでしょう。