こんにちは。
あれよあれよともう3月。
春の足音が聞こえてきました。
暖かくなると外出が増えて部屋で過ごす時間が減りますね。
でも映画を観る時間はとれるようにしたいものです。
心に栄養を。

ドゥ・ザ・ライト・シング

(原題:Do the Right Thing)

1989年(アメリカ)
Cast: Spike Lee / Danny Aiello / Ossie Davis / Ruby Dee
Director: Spike Lee

またまた名作。
自身もほぼ主役。
いつもの彼の作品同様深い人種問題を真正面から描く。
映画だから露骨に派手に描写しているのかどうか
日本で平和に育った私には分かりませんが
火のない所に煙は立たないという言葉を思い出すと
やはり少なからず遠からずこういうことは当時
起こっていたのではないかと推測させられます。
そういう歴史も踏まえてのブラックカルチャーや
ヒップホップカルチャーなんですね。